ゆり&えみのInformation

2017.03.31

どう違う?ホットヨガと常温ヨガ~柔軟性アップ~

今年度最後のテーマは柔軟性の向上についてです。

ヨガをこの1年深めてこられた方は、カラダはもちろんココロの柔軟性も感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

よくヨガを行う時にカラダが固いから私はヨガできない!や、身体が柔らかくなってからヨガを始める!という声を沢山お聞きします。それではいつになってもヨガを始めることができませんし、自分の心と身体の変化に気づいてあげることも難しいです。

身体が固いからこそヨガをした方がいいですし、固い方こそヨガ向きともいわれる程、自分の身体の変化に気づきやすかったり、柔軟性や可動域が広がった時の喜びも人一倍ですし自身にも繋がります。

身体が柔軟なことはカラダとココロに沢山のメリットがあります。

例えば、身体の固い人に比べ柔らかい人は怪我をしにくいことや、筋肉が柔らかく伸びる事で血液の流れも良くなり肩こりの解消、冷えの改善にもつながります。

また、身体の固さは心の固さともいわれ、身体が柔軟になれば心も柔軟に色んな事に臨機応変に対応でき、心にもゆとりが生まれます。

 

ヨガで柔軟性は向上できるか?もちろん、YESです!

ホットヨガでも常温ヨガでも、呼吸と共にポーズをとる事で全身の血液循環が良くなり、筋肉が弛緩し、固まっていた筋肉や心もほぐれていきます。

ホットヨガは暖かい環境ですので、身体を温め筋肉も緩みやすく血行促進も期待できます。しかし、外から温められて熱で急に筋肉が伸びてしまい筋を痛めやすいのも事実ですので、気を付けて楽しみましょう。

一方の常温ヨガでは、身体に負担のない室温や自らの呼吸や筋力を使って、体内から温め血流を促していきます。自律神経が整うことで精神面も落ちつき心の柔軟性アップにもつながります。

 

ハピネス・ヨガでも身体に負担のかからない室温で呼吸法から丁寧に行い、自らの呼吸で身体を温め血行を促し、その後ポーズをとっていきます。

 

【今回のまとめ】

ホットヨガでも常温ヨガでも、柔軟性の向上はできる!

常温ヨガの環境の方が自分とも向き合いやすく、カラダはもちろんのことココロの柔軟性も高め心身のバランスが整いやすい。ヨガで平和な毎日を過ごしていきましょう!

 

柔軟性アップに効果のある『開脚前屈』のポーズ!
柔軟性アップに効果のある『開脚前屈』のポーズ!
体験レッスン
随時受付中!
60分 1000円
お電話でも受付中
荻窪03-5335-7380
中野03-5942-7080
火~金 9:30〜15:00 / 17:00〜21:00
土・日 9:30〜17:00 に受付中
運営/株式会社ハピネス・ヨガ
東京都杉並区上荻1-15-4 オギタビル2F
TEL. 03-5335-7380